Home>活動>採集会報告>昆虫採集を通じて自然を学ぶ会>サイトマップ
〒102-0073東京都千代田区九段北4-3-17-301
ホームへ日本昆虫協会とは日本昆虫協会の活動入会案内昆虫採集Q&Aリンクはこちらから掲示板はこちらからお問い合わせはこちらから


環境省の後援を得ての開催となった第2回。今回のフィールドは足場もよく、
散歩感覚でのんびり網を振ることができます。当初雨が心配されましたが、
曇り時々晴れの天気となり、乱舞とまではいきませんでしたが、山地性の蝶
をはじめ様々な昆虫に出会うことができました。




朝、最寄りの駅に集合。まずフィールドについての説明を聞きます。今回は
奥本会長も参加。皆さんといっしょに網を振ったり写真を撮ったりしました。




周りに目を配りながら林道を歩きます。面白いものがいて誰かが立ち止まると
声をかけなくてもみんなが集まってきます。




蝶の幼虫の食痕を観察。持ち帰ってファーブル昆虫館で飼ってみることにしました。




梢にテリトリーを持つミドリシジミの仲間を発見。高いところを飛ぶ小さな蝶な
ので、一般のハイカーは気づかずに通り過ぎることが多いようです。




クズの花に見事に擬態したウラギンシジミの幼虫。どこにいるか分かりますか?




オトシブミのゆりかごを発見。参加者は網を振ったり写真を撮ったり大忙しです。




ベッコウハゴロモ。セミなどに近い小さな昆虫です。網を持って歩いていると、
集中力が増し、見落としがちな小さな昆虫もよく目につくようになります。




草むらで補虫網を振るといろいろな昆虫がついてきます。これはクロアシツユムシ
の幼虫。お尻にかぎ爪状の産卵管があるのでメスと分かります。




スミナガシを観察。その名の通り全体が青墨色の渋い蝶ですが、口器が口紅をさし
たように赤い色をしています。




昆虫を手に奥本会長と記念撮影。やはり華やかなミヤマカラスアゲハが人気でした。
翅が傷つきやすい蝶やトンボは三角に折った紙(三角紙)に包みます。2006年夏の
日光の自然の貴重な記録となることでしょう。


Copyright (C)Japan Insect Association. All Rights Reserved.