Home>活動>採集会報告>昆虫採集を通じて自然を学ぶ会>サイトマップ
〒102-0073東京都千代田区九段北4-3-17-301
ホームへ日本昆虫協会とは日本昆虫協会の活動入会案内昆虫採集Q&Aリンクはこちらから掲示板はこちらからお問い合わせはこちらから



 今年の行事は雨ばかりでしたが、 7月15日は晴天にめぐまれま
した。今回のテーマは雑木林の環境と昆虫。昆虫の姿は全体に少
なく、子供達が楽しみにしていたクワガタも少ししか見られませ
んでしたが、タテハチョウの王者オオムラサキの最盛期に合致し
たため、乱舞といってもいいような数を見ることができました。
 お弁当を食べながらオス同士の勇壮な空中戦や、縄張りに侵入
した鳥に果敢に立ち向かう姿をながめた後は、思い思いに網を振
ってオオムラサキのスピードや美しさを実感しました。




はじめに雑木林の自然やそこにすむ昆虫についてのお話。子供達も
網を持って駆け出したいのを我慢して真剣に聞いてくれました。




雑木林が雑木林であり続けるには、人が林に手を加える必要があり
ますが、最近は放置される林が多く雑木林の環境が変化しています。




スミナガシの特徴的な食痕を発見。蝶と食草の話を聞く。
歩きやすい雑木林は無限の資料がつまった博物館です。




シロスジカミキリの産卵痕(点々とある樹皮をかじった所)と、
成虫になって木の中から出てきた穴。穴の直径は15ミリぐらい。




「お〜い、降りてこ〜い」頭上をオオムラサキが舞う。オオムラサ
キの方も侵入者をよく観察していることが分かる瞬間。




夏の雑木林の華。大きさはアゲハほどですが、こうやって持つと胸
の筋肉がアゲハとは比べ物にならないほど強いのが分かります。
Copyright (C)Japan Insect Association. All Rights Reserved.